腸・お腹の調子を整える方法は…ビフィズス菌!?

この記事は約3分で読めます。

効果!腸・お腹の調子を整える方法はビフィズス菌

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌が良いといわれています。

このビフィズス菌には、あっと驚くべき効果があるんですよ!お腹の調子を整えるために、少しお勉強してみませんんか。

腸は脳にもつながっている

「腸は第二の脳」って聞いたことありませんか?

腸は、生きていくために大切な栄養や水分を体に取り込むという大切な働きをしているぞ器なのですよ。腸が疲れてしまうと体の疲れにも影響してくるのです。

脳が緊張・不安・疲労などストレスを感じる体内のリズムが乱れる体ヘトヘトを感じる大腸の運動リズムが乱れるお腹が緩んだり出なくなったり腸のストレスが脳に伝達脳が緊張・不安・疲労などストレスを感じる これの繰り返しなのです。

つまり、

腸内環境が悪くなる
  ↓
腸内のバランスが悪くなる
  ↓
腸にかかるストレスが全身の疲れヘトヘト感

につながっていくんです。だからこそ、しっかりと腸内を整えてあげることが大切なのですよ。

ビフィズス菌の嬉しい効果

腸の中には、約1.000種類の細菌がいるのだそうです。これら多くの菌が常時バランスを保ってくれています。

ですが、ストレスや習慣の乱れなどで悪玉菌が増えてくると…腸内環境も悪くなってしまい、その結果、お腹の調子が悪くなってしまいます。

お腹の調子を整えてあげるには、悪玉菌が増えるのを抑える善玉菌を増やしてあげること!がキーポイントです。

そのキーポイントが「ビフィズス菌」です。でもなぜ?ビフィズス菌なのかというと、成人の大腸に常に存在している善玉菌の99.9%を占めているといわれているからなんです。

ビフィズス菌が腸内で作っている「酢酸」には、

・強い殺菌力
・粘膜を保護
・悪玉菌の増殖の抑制

があると考えられています。ビタミンの生成や消化吸収を助けてくれるので、腸内環境の改善につながり疲れ対策にもなるのですよ。

お通じが「出ない」「ゆるい」どっちも良い効果あり

乳製品を飲んだり食べたりして、お腹が緩くなったりするのであまり得意ではない方も多いと思います。それは、乳製品に含まれている乳糖がお腹をゆるくさせているだけで、ビフィズス菌が原因ではありません。

それどころかビフィズス菌は、

・お腹がゆるい状態を整える
・お通じが悪い人は出る

腸内環境が整うので、お腹の調子も良くなりますよ。

継続が大切!

ここまでビフィズス菌が腸にどれほどの良い効果があるのか説明してきましたがいかがでしたか?

ですが、ビフィズス菌は年齢を重ねていくごとに、どんどんと減ってきてしまいます。また、生活習慣の悪さから減るスピードも速く、人によってはビフィズス菌ピーク時の1000分の1まで減ってしまうこともあるのだそうですよ!

元気に毎日を過ごすためにも、補いきれないビフィズス菌を外から継続的に摂取してあげることが、とっても大切なのです。

腸内環境を整えてくれるアイテムはコレ!♥♥♥

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました