ケースベールリムーバー、除毛が簡単にでき肌荒れも治す…使うたびにムダ毛が薄くなるクリームとは?

ムダ毛のお手入れってとっても面倒…どうせ手入れしていなくても男どもは見ていないでしょ?!って思っていませんか?

実は意外と男性って見てるんですよっ!

「お手入れ大変だけど、キレイにしてる女性って好感持てる」
「腕や足、気を遣っている人はそれだけで魅力的」
「デート中肌に触れた瞬間、日ごろのお手入れしいるかわかりますよね」

エステで脱毛したいけど、時間もお金もない…
他にいい方法ないのかな?

実は、除毛ができ、使えば使うほど毛が薄くなり、美肌も保てる、除毛に悩む女性のために研究、開発されたクリームがあるんだとか?

そんな嬉しい「除毛クリーム」を紹介していきます。

カミソリでムダ毛処理

カミソリでムダ毛処理をしている方も多いと思います。ですが、肌に負担がかかります。そのため、肌が傷つき、大きな肌トラブルになることもあります。

カミソリでムダ毛処理していて、剃ってた時は何ともなかったけど…しばらくしたら真っ赤にかぶれたり、ぼつぼつが出てきたり…。また、カミソリで剃るという事を何度も何度も繰り返すことで、さらに肌トラブルを悪化させてしまう可能性もあります。

もっとも、手軽で多くの方がこのやり方でムダ毛処理をしていると思いますが、肌トラブルを起こさないように注意が必要です。

さらに、逆剃りや、なにも付けない状態で剃ったり、力を入れたり、何度も同じ場所を剃ったりするやり方は、炎症や色素沈着の原因になるので気をつけましょう。

カミソリでムダ毛処理をする注意点

・肌とカミソリは清潔にする
・できれば、一枚刃で、肌を傷めにくいガードが付いたものが良い
・剃る前に肌を温めておく
・シェービング用のクリームやジェルをたっぷり付けて、カミソリの滑りを良くする
・剃り方に気を付ける
・乳液やクリームなどでの保湿がとても大切
・肌や身体のコンディションが良いときに
・生理前や妊娠中、疲れている時や体調が優れない時はしない

毛抜きでムダ毛処理

毛抜きでのムダ毛処理は、毛抜きで毛根を引き抜くため、カミソリで剃ったりするよりも毛の生えてくるスピードが遅くなるというメリットがあります。しkしゃい、それ以上に肌への負担が大きくて、肌トラブルになりやすいというデメリットもあります。できるだけ、肌に負担を抱えないように、カミソリでムダ毛処理をするときと同様、処理前後は十分なケアをお香なうことが大切です。

毛抜きでムダ毛処理をするデメリット

・毛穴が開いて、鶏皮のようにブツブツ肌になってしまう
・毛穴から細菌が入って、炎症や化膿してしまう
・皮膚の中で毛が育ってしまう状態「埋没毛」になり、無理に毛抜きなどで引き抜こうとすると、赤く腫れてカサブタができてしまう
・肌が弱いと、肌がかぶれたり赤く腫れたりしてしまう

エステサロンでのムダ毛処理

自分で行うムダ毛処理よりも費用がかかるし、時間もないですのが現状です。でも、エステサロン、昔に比べれば価格も安くり、サロン自体も増え、エステでムダ毛処理を行う方も増えてきました。エステサロンでは、主にどういった方法で無だけ処理をしているのか紹介します。エステサロンでのムダ毛の処理は、除毛ではなく脱毛です。毛根ごと抜くことです。

レーザー脱毛

肌表面にレーザー光を当てて毛根を破壊するやり方です。施術時間が短く、毛穴もキレイな状態を保てます。しかし、休止期に入った毛にはレーザーの効果がないため、毛のサイクルに合わせて何度か施術を受ける必要があります。

ニードル(針)脱毛

細い針を毛穴に挿入して通電し、毛根を破壊する方法です。1本ずつ脱毛処理を行うため、永久脱毛の効果が非常に高いのが特徴です。しかし、1本1本処理をするため、長い時間とコストがかかります。

光脱毛

光を当てて毛根を破壊する方法です。他の脱毛方法よりも痛みが少なく、短時間でできるのがメリット。しかも低価格。ですが、人によって効果を感じられるまでの時間が違うため、何度も光脱毛を受ける必要があります。

この他にも、ブラジリアンワックス脱毛、フィトエピラシオン脱毛、シルキー脱毛など、さまざまな脱毛方法があります。

自分でできるブラジリアンワックス方法 ⇒ Angelica

プロによる脱毛を手軽にできるようになりましたが、やはり、肌が荒れたり、効果が出なかったなど、トラブルもあります。失敗しないためにも、必ず信頼のおけるエステサロンを選び、十分なカウンセリングを受けるようにしましょうね。

【はみ毛処理】アンダーヘアのムダ毛を処理するクリーム

上記でのムダ毛の処理方法についてみてきましたが、特に面倒だと感じるのは、アンダーヘアのムダ毛処理ではないでしょうか?

デリーケートな部分であるために、肌も弱いし赤くただれやすいですよね。

アンダーヘアは、デリケートな部分を守るためのクッションのような役割をしています。また、外部からの細菌の侵入を防ぐ役割もしています。

たた、毛が長すぎたり、毛が多かったりすると、排せつ物が付いてニオイのもとになったり、雑菌が付きやすくなるといった面もあるので、ちょうどいい長さと量に整えることがポイントです。

アンダーヘアには、Vライン、Iライン、Oラインの3つ部位がありますが、アンダーヘアはデリケートゾーンの近くであるため、特にOラインの場合はクリニックやサロンでの処理がおすすめです。また、肌トラブルを避けるためにも、保護クリームを活用するようにしましょうね。

ちょっと面倒な、アンダーヘアのムダ毛処理にいいかも!って思うクリームがあるのです…それは、「ケースベールリムーバー

カラダにやさしい天然成分配合で除毛しながら肌荒れを改善し、お肌にうるおいを取り戻せる除毛クリームです。さらに他の除毛クリームと違い使えば使うほど毛が薄くなり、美肌も保てる、除毛に悩む女性のために研究、開発された唯一の除毛クリームです

気になる部位にクリームをたっぷり塗って少し待って拭き取るだけの除毛クリームです。

詳しくはコチラケルベールリムーバー

初めてで不安!ケースベールリムーバーの「ハテナ」

Q,他社の除毛クリームと比べ成分が多い気がしますが、肌に副作用とかはないの?

A,長い研究によって身体に良い成分(天然成分)だけを配合していますが、肌に合わない場合は使用を控えてください。


A,ケースベールリムーバー続ければ効果を実感できますか?

Q,個人差がありますが、使い始めて2週間ほどでムダ毛が薄くなり肌がつるるんな状態になります。


A,デリーケートゾーンにも使えますか?

Q,はい、使えます。ですが肌がデリケートなため違和感を感じた場合は使うのはやめましょう。

ムダ毛処理に除毛クリーム「ケースベールリムーバー」をおススメする理由

・痛くない
・手が届かない場所でも塗れば除毛できる
・塗ったらふき取るだけなので、簡単で手軽にできる
・価格がお手ごろ
・除毛なので、毛先が丸まっているからチクチクしない

除毛クリームを作う頻度は?効果期間は?

除毛クリームを使って効果が期待できる期間は、個人差はあると思いますが、平均的には1週間程度だと思ってください。

ムダ毛が目立たないように維持するのであれば、2~3日おきに使うのもありです。お肌が弱い方は、月1回の頻度で使いましょう。

ここで少し注意しておきます!

除毛クリームは、ムダ毛を溶かす事により除毛効果があるので、肌が、かぶれたり赤く腫れてしまう可能性もゼロではありません。まずは目立たないカ所に、クリームを少し塗ってパッチテストをすることをおススメします。

ケースベールリムーバーの効果的な使い方

使い方① たっぷりとクリームを塗る

たっぷりのクリームを手に取り、除毛したい部分にムラなく塗ります。このとき、毛が隠れるくらい塗ることでキレイに除毛できます。


使い方② 5~10ほど待つ

ケースベールリムーバーを塗ったら、5~10分ほど待ちます。毛の太いブブは長めの時間放置するのがコツです。


使い方③ ふき取って洗い流す

タオルやティッシュでふき取り、ぬるま湯でよく洗い流す。

塗り方と注意点

気になるムダ毛のカ所に、クリームを塗る前に、身体を温めておくことをオススメします。身体を暖め毛穴を開いておくことで、クリームが毛穴の中まで浸透し、より高い効果を期待します。

塗れていると、まだらになってしまいますので、水分が付いている場合は、しっかり拭き取った状態で塗りましょう。

ムダ毛が隠れる位、たっぷりと塗りましょうしょう。節約しようと少なめに塗ってしまうのはダメ、効果が半減し、余計手間やコストがかかってしまいますよ。

また、除毛クリームの持ち時間は、使用する前に商品に添付されている説明書に目を通しておきましょう。短すぎても長すぎてもだめですよ。

クリームを塗って放置したら、最後に除毛クリームの拭き取ります。お肌はきれいにつるつるになっていることでしょう。もし、ムダ毛が残ってしまっていても、お肌のダメージの事も考えて、2~3日は間を空けましょうね。

除毛クリーム使用後のケアは忘れないで!

ケースベールリムーバーは、天然成分配合で肌にやさしく作られていますが、やはり、ムダ毛を溶かすのですから、お肌はダメージを受けています。クリームで除毛後は、しっかり、保湿をしてお肌を労わりましょうね!

除毛しながら肌荒れを改善し、お肌にうるおいを取り戻せる除毛クリームはこちら

エステに勝るつるるん肌に。ケースベールリムーバー【医薬部外品】